2009年08月20日

携帯電話の所有率『子どものICT利用実態調査(ベネッセ)』から

 ベネッセ教育研究開発センターは、『子どものICT利用実態調査』その情報誌の中で、「大都市」「中都市」「郡部」と分けた『携帯所有率調査』の結果を載せている。小学校6年生でみると、「大都市圏」で56.9%「中都市」18.4%「郡部」20.2%という結果になっている。
 解説では『大都市に住む小学生の所有率の高さが目立つ。規模が大きい地域ほど、習い事や塾の送り迎え、安否確認などのために、保護者が子どもに携帯電話を持たせる必要性をより強く感じていることが、理由の1つと考えられる。』と述べている。
 本校では、今年度もNPO等の団体により児童向け・保護者向けに話をしてもらう予定でいる。しかしSNSの説明に触れたり、コンピュータ上で「仮想携帯電話」を体験できるツールを採り入れたような疑似体験的活動などは、「寝る子を起こす」と担当者からの反応はすこぶる鈍い。





harrypotta at 23:32│Comments(2)記事 

この記事へのコメント

1. Posted by fifa 17 coins   2016年11月03日 16:58
Many thanks, this website is very useful
2. Posted by fifa 17 coins   2016年11月03日 16:58
You've gotten one of the better web sites

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔