2014年02月28日

『「教育の情報化」推進フォーラム』

b4d52ecd.jpg 本日は、国立オリンピック記念青少年総合センターにて開かれている『教育の情報化推進フォーラム』第一日目に参加してきました。午後からの「21世紀型コミュニケーション力の育成とICT活用」分科会に間に合い、途中参加しました。放送大学 中川教授のコーディネートのもと4人の方が登壇されましたが、中でも授業実例が示されたことは現場にはわかりよく、金沢星陵大 佐藤教授からは、自身の小学校低・高学年の授業録画から、「学習者」と「学習内容」をどう繋いでいくかという「ふるまい」について、低学年の「対話」と高学年の「討論」の実例が示されました。これは、CECのサイトから授業動画が視聴できるそうです。柏市教育委員会 佐和指導主事からも実例が示されました。学習や子どもに応じた「伝え方の手立て」は、このような場で先ず披露していただき、そこから自級の実態を反映した手法を生み出していくという作業が大事とさらに再確認しました。


harrypotta at 23:36│Comments(0) 研修 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔