2014年04月18日

『伝える極意』授業参観で実践

 本日は、新年度初めての授業参観でした。昨日は高学年側の参観日であり、本校は学校説明会を同じ内容で昨日・本日と2回行っていますので、担当する提案も直前まで原稿修正を連日1時2時まで行ってふらふらで、授業に臨みました。
 さて、今回活用しましたのは5.6年・総合的な学習の時間『伝える極意』「おどろきのハンドパワー〜スピーチ〜」です。今回で、授業活用は3回目になります。前回も3年生で行い、放送教育ブロック大会事前授業として、大阪教育大学 木原教授にわざわざ来校いただき講評いただきました。番組で指導されている京都橘大学 池田准教授にも、その折りのことなどお伝えしましたら、「(あの取り組みは)鉄板でしょう。」などと返してくださいました。
 今回も、3年生それも授業参観で保護者公開ですので、念入りに準備を進めました。番組サイトにワークシートがありますので、未習漢字にルビを振り、項目も見直しを3年生向けに行いました。番組視聴時に大変関心をもってくれましたので、当日もみごとに各自「手には力がある」ところを見せてくれました。

harrypotta at 23:46│Comments(0)番組 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔