2014年04月21日

『さんすう犬ワン』「なんばんめ」

0ce90753.jpg 『さんすう犬ワン』「なんばんめ」を3年生の学級で、放送初日に視聴しました。
<以下、児童の感想>

「さんすう犬のワンが、かわいくって、犬なのに人間のことばがわかって、すごいあたまがいいので、わたしも犬のことばがわかるようになりたいです。下からや上からをつけないと、わからなくなることも知りました。もし、それがないとこまるのなら、きちんと言わなくちゃいけないことがわかりました。4つ『め』や、4つだとぜんぜんいみがちがうんだとわかりました。これから、気をつけるようにしようと思います。」
「ぼくも算数がとくいだからかんたんにとけました。」
「ぼくは、こたえはすぐわかりました。あと、ワンは、すごいかつやくしてると思いました。何ばんめと何ばんは、ぜんぜんちがうのがわかりました。」
「ワンが一番活やくしていたと思います。すぎちゃん出ていましたよね。おもしろかったです。やはり、少しのまちがえが大きなことにつながってしまうのですね。ケーキやさんなんかはそうでした。」
「さんすう犬ワンを見て、考え方がわかってよかったです。すごくおもしろかったです。」「左から4つめと4つはちがうってわかってたけど、ワンがくわしくおしえてくれました。」
「テンコちゃんが『なるへそ』っていうのがおもしろいなあって思いました。あとワンがすごいあたまがいいなって思いました。」
「ワンはとてもすごいと思いました。人げんにわかるようにものをつかってせつめいするのがとてもかしこい犬だと思いました。」
「テンコちゃんもワンとおなじくらいすごいなと思いました。」
「ワンがカレンダスタンプをつけたとき、あんなにジャンプができるんだなと思いました。あと2つともおもしろかったです。また見たいです。」


harrypotta at 23:21│Comments(0)番組 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔