2014年07月15日

『ことばドリル』2.3年で実施

822eb617.jpgNHK学校放送『ことばドリル』「カタカナでかくことば」「ひとことでいうと?」のそれぞれの回を活用した国語科学習を、2,3年生の学級で連続して3,4校時に実施しました。制作の方々に向けた授業公開です。3年担任が2年のクラスではT1で指導し、2年担任にはT2を担っていただいたT・Tでの学習となりました。

 2年ではこの時期に「かたかなのひろば」の学習で、運動を中心とした外来語を学んでいます。そこで取り上げている絵にあわせて、黒板上に数人の児童にカタカナで表記してもらいました。既習のかたかな学習を思い起こしたところで、いよいよ「カタカナでかくことば」を視聴しました。途中2回ほどWeb上の「ことばドリル」を紹介していますので、ここでは模造紙上に拡大掲示したもので次々にドリルにトライしました。(3年生「ひとことでいうと?」は電子黒板上に番組サイトのドリル場面を再生しておき、児童が直接入力しました。また、あてはまる「ひとこと」はデジタルペンで拡大一覧にして互いに見合いました。)「ことばアンケート」でも自分達も問題に挑戦しました。「トマト」「キャベツ」「オクラ」を大人は次々と誤表記していくなか、こどもたちが掲げたシートはどれも正解でした。「漢字のうた」に出てきた漢字を思い出して書き表すことにも挑戦。答え合わせで二度目の視聴をしたときにはみんなで歌うこともできました。最後に学習の感想を書き、振り返りをしました。

harrypotta at 23:14│Comments(0)番組 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔