2015年02月15日

「子どもが生き生きと学ぶ放送学習プロジェクト」中間報告会

1e818185.jpg 「子どもが生き生きと学ぶ放送学習プロジェクト」中間報告会が、15日(日)午後1時半より、放送センター大会議室にて開かれました。(詳細は放送教育ネットワークの上記リンクWebより報告されます。)
会は、全国からの教育・番組制作者70余名を迎え27枚のポスターを前にしてセッションありグループ協議あり、全体交流ありの中身の濃い3時間でした。
 自らは、1.2年国語科番組『ことばドリル』を、2.3年で学習活用してきた報告をしました。「効果的な学習は、教科書の文法単元等に位置づけられるものは沿うよう心掛けること。」「授業の扱いが難しい場合でも、朝15分の自主学習時間を活用して年間視聴の心掛ける。」「ドリル教材」への関心の目を向けさせ(授業では電子黒板上に表示してペンドラッグを入れ替わり児童が行う)個人・家庭活用へも誘う。」などに触れました。

harrypotta at 23:39│Comments(1)研修 

この記事へのコメント

1. Posted by buy csgo ak47   2016年06月19日 21:06
You've among the finest internet sites

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔